oukirのブログ

日々思う事をだらだらと。。。

人生について考えてみる。。。

時たま、人生について考える事がある。

自分の人生について考えた時、まずその長さが頭に浮かぶ。

生まれつき厄介な病を持つ自分の人生は50年あればいい方だ。実際、持病がありながら50年はかなりありがたい方だろう。

今自分は22歳で、つまりこの夏が終わるとあと28回しか夏は来ない。

そこで思う。人生で最も大切なことは、自分に素直に生きて、そんな自分を認めてくれる人に心から感謝する事だと。

素直に生きるって事は、人生に真剣になるって事でもあり、己の持つ欲と真っ直ぐに向き合う事でもある。

それはきっと人を傷つけて、敵を作る事になるだろう。

でも反対に、救える人もいれば、自分を認めてくれる人も出てくると思う。

そんな時は感謝することを惜しまず、何度だってありがとうって言おう。

他人から、アホだのと批判されようものなら、自分は世界一のアホでも結構。

自分の欲求を叶えて、支えてくれた人に感謝する。

28年もあればなにも心配は要らないな。

人生の長さは、ただ漠然と生きた長さではなく、自分が必死に生きた時間の長さだから


なんて考えてると1日はあっという間ですね。

さあ勉強しよう。

散歩最高

散歩をしているときって、1日の中で一番充実した時間だと思う。

つまりは最近、人生で最もリッチな時間は散歩している時なんです。


特に今日みたいに、夏の夜風が涼しい時間帯に表に出ると、近所のお姉さま方(かなりお姉さま)が祭りに向けて盆踊りの練習をしていたり、小学校の体育館じゃ子どもたちが、和太鼓の重量感に溢れた響きと、それを縫うようにして甲高く鳴り響いてる篠笛の音に合わせて踊っています。


こんなに歩いてて気分が良くなるもんなんだなあ。。。